« 束稲山でひなたぼっこ | トップページ | 雪の中のどんと祭 »

近所の田んぼの四季 冬

初日の出の写真を撮った自宅裏山を自宅の反対側に下りると、隠し田のような、今時の整理された田園とはかけ離れた田んぼの風景が有ります。

 (どの写真もクリックすると大きくなります)

Photo 数件の農家の皆さんが切り開いた、山あいの田んぼなんですよね。

今は休耕田も増えてきましたが、私が子どものときに見ていた田んぼの風景が残っています。

杭小屋と田んぼの風景。なつかしいです。

 

 

Photo_2 この時期、ため池も全面氷が張っています。

私が子どもの頃、この池でスケートをしていましたが、今は人が乗れるほど厚い氷は張るのかどうか?。

夏には釣りもしましたよ。

 

 

Photo_3 ため池から見た田んぼの風景。

春になると緑におおわれきますよ。

タラの芽やワラビなどがたくさんなっている秘密の収穫場所です。

 

 

Photo_6  山菜よりも何よりも、コンクリートの側溝が見当たらない田んぼの脇の小川には、温かくなるとメダカや小ブナ、ドジョウ、ジュズカケハゼ、沼エビ、カラスガイなど多彩な生き物がいっぱいいますよ。

場所を特定すると獲りに来る人がいるので詳しくは語りませんが、四季いろいろな表情を見せてくれますので、定期的にこの景色を紹介して行きたいと思います。

ここに限らずメダカなどは、うちの周辺には捜せばどこにでもいますよ。遊び心を持たなくなった人には見えなくなったんでしょうね。

|

« 束稲山でひなたぼっこ | トップページ | 雪の中のどんと祭 »

地元の風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1098255/27066377

この記事へのトラックバック一覧です: 近所の田んぼの四季 冬:

« 束稲山でひなたぼっこ | トップページ | 雪の中のどんと祭 »