« 一関で映画「おくりびと」を観る | トップページ | 広田半島で海の景色を楽しむ »

大船渡の「つばきまつり」

今回は私のガラにも無く花のお祭りに行ってきました。

岩手県大船渡市の名勝「碁石海岸」のすぐ近くにある「世界の椿館・碁石」で1月~3月に行われる「つばきまつり」です。

春にまっ先に咲く椿ですが、こんなにたくさんの種類があるなんて、しかも色も形もいろいろあるんですね~。花が咲いているシチュエーションには関心があるのですが、花単体にはあまり興味のなかった私も素晴しいと感心しました。

 (どの写真もクリックすると大きくなります)

Photo_12 椿館は早い時期から花が見られるように、約50m四方の大きなガラスハウスになっています。外は強風でしたが中はポカポカです。

9時からの開館に合わせて行ったのですが、すでに観光バス二台。おじさんおばさんがたくさんいました。

 

Photo_3 見学順路に沿って歩くと・・・さっそく白とピンクがあざやかに混じった椿が。

ハアァ~、きれいだな~。などと感心していたが、これはまだ序章でした。

 

 

Photo_4 あれ!なんでここにバラがあるの。なんて思ってしまうほど、一見バラにそっくりな椿です。

ふ~ん、こんなのもあるんだね~。

 

 

Photo_5

白地に明るいピンクのグラデーションがみごとですね。

今が満開と咲いていました。

 

(今日はコメント少なくしますので、花を楽しんでください。)

 

 

 

Photo_6 おなじ白とピンクですが、こちらは絣(かすり)模様のような花です。

「沖の浪」という江戸時代に品種改良で生まれた椿だそうです。

 

 

Photo_7

これはフランスの椿だそうです。さすがにおしゃれな感じがしますね(ほんとかよsign01)。

ここには13ヶ国260種の椿が展示されているそうです。よく集めたものですね。

 

 

Photo_9 赤白系が多い中でこれは薄い黄色の花です。

かわいらしい感じがしました。

 

 

 

Photo_10 この花は花びらのふちにピンクをあしらっています。

こんなドレスがあったら綺麗だろうな、なんて考えてしまいます。(本当にガラにも無いbleah)。

 

  

Photo_11

 もっともっと紹介したいのですが、きりがないという感じなのでこのへんで切り上げます。

他にも直径20センチもあるボタンのような花や、逆に原種の小さな花などがありましたよ。

思わず館内の順路を2周してしまうほど楽しみました。入場料500円は高くなかった。

椿の苗木も500~1000円ほどでたくさんの種類が売っていましたよ。育てるのもそれほど難しくないようなので、家族の好みを聞いて今度は買いに来ようと思います。

もちろん碁石海岸など海の景色も楽しんできました。別途報告します。

|

« 一関で映画「おくりびと」を観る | トップページ | 広田半島で海の景色を楽しむ »

お祭り・催し物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1098255/28514185

この記事へのトラックバック一覧です: 大船渡の「つばきまつり」:

« 一関で映画「おくりびと」を観る | トップページ | 広田半島で海の景色を楽しむ »