« ハマナスをたずねて大谷海岸へ | トップページ | 梅雨といえばアジサイの花 »

今年最後のワラビ採り

金・土と降り続いた雨も日曜日にはほとんど止み、今日は久しぶりの青空も出てきて、いい気分の日よりです。

4月末のタラの芽から始まりました山菜採りも、本格的な夏を前にそろそろおしまいです。

今日は最後のワラビ採りに、近所の休耕田へと向かいました。

 (どの写真もクリックすると大きくなります)

Photo 昔の形のまんまの田んぼ。この奥にある休耕田がワラビの採取地です。

のんびりした風景で、それを見ているだけでも満足ですが、さて今日も採るぞ!

 

 

 

Photo_2 有ります有ります。ここは6日ぶりに採りに来たので、ワラビもだいぶ大きくなっています。

この辺はまだいいのですが、これ以降はワラビの数も減り食感も硬くなるし、回りは藪が深くなり歩きずらいし、蛇もしょっちゅう出てくるし、何より暑くなって倒れそうになるし・・・(いいわけばっかり)。で、費用対効果を考えて今日を最後としました。

これから生えてくるワラビ君、来年のために大きくなって子孫を増やしてくれ。たのんだよ!

Photo_3 汗びっしょりかいて、家に戻って今日の収穫です。

やっぱり少なくなったね~。5月中旬頃の半分です。

この後は家の母がきれいに掃除をして、ゆでてアクを取ってから塩漬けにします。来年の春まで食べられる貴重な保存食なんです。

塩漬けにするとき、ゆでずに生のまま塩漬けする家と、ゆでてから塩漬けする家があり、その家のお嫁さんが、代々伝えられた方法でやっているようです。

家の母さんのワラビの漬物は、いつまでもワラビの「つるつる・しゃきしゃき」感が残っていて、近所でも美味しいと有名です。

さて、私が担当の山菜シーズンは終わりです。家の周りの布袋竹のタケノコや、これから花芽を出すミョウガ(うちの庭に勝手に生えてくる)などは母にまかせて、私はこれから本番を迎える夏山登山に思いを馳せるのでありました。

|

« ハマナスをたずねて大谷海岸へ | トップページ | 梅雨といえばアジサイの花 »

地元の風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1098255/30010375

この記事へのトラックバック一覧です: 今年最後のワラビ採り:

« ハマナスをたずねて大谷海岸へ | トップページ | 梅雨といえばアジサイの花 »