« 12月、雪の無い栗駒山の温泉まで | トップページ | 津久毛庵の「火の玉らーめん」 »

栗駒山を望遠レンズで

昨日、栗駒山の温泉を見に行く前に、あまりにも天気が良いので、いつもの深山牧場から山の姿を眺めてみました。

 (どの写真もクリックすると大きくなります)

Photo ごらんの通りの雲ひとつ無い天気でした。

牧場もすっかり冬色枯れ草モードになっていて、雪を待つばかりです。

栗駒山の雪も上のほうだけだというのが良く分かりますね。11月中旬に中腹からちょっと下まで積もっていたんですが、すっかり後退しましたね。

 

Photo_2 300mmの望遠レンズに換えて、おもいっきり頂上付近に寄ってみます。

頂上から右側に続く尾根の途中から、くねくねと降りてくる中央コースが薄っすらと見えています。早く登りたいものですね。

写真右側に横Vの字見える黒い筋が新湯沢で、その下の方に登山口のイワカガミ平らしい白い点が見えます。

Photo_3 写真右側下が「いこいの村栗駒」ですね。被害が大きく復旧はむずかしいようです。

左手まん中にイワカガミ平に向かう道の復旧工事現場が2箇所見えてました。だいぶ大きく崩れたようで、工事も大変だったでしょうね。ごくろうさまです。

きれいに見える山も、あちこちに傷跡がうかがえました。

 

Photo_4 遠く東に目をやると、見えましたよ岩手県の早池峰山です。

右手前に薬師岳をしたがえて、雪をいただいた雄大な山容をみせてくれました。

来年は花の咲く時期に登ってみましょう。

久しぶりにすっきりと見えたので大満足でした。

|

« 12月、雪の無い栗駒山の温泉まで | トップページ | 津久毛庵の「火の玉らーめん」 »

地元の風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1098255/32456603

この記事へのトラックバック一覧です: 栗駒山を望遠レンズで:

« 12月、雪の無い栗駒山の温泉まで | トップページ | 津久毛庵の「火の玉らーめん」 »