« 震災から二年、復興イベント | トップページ | 梅雨の合い間の青空を使って »

世界谷地情報2010年 その1

6月13日、栗駒山の耕英地区の復興イベントと、駒の湯温泉の慰霊碑序幕式までの間にだいぶ時間があったので、世界谷地に行って花の咲き具合など調べてきました。

 (どの写真もクリックすると大きくなります)

Photo_7

緑のトンネルになっている登山道を歩くこと10分ほどで世界谷地第一湿原に到着。

緑が美しいね~。湿原では今、ワタスゲが多く咲いていましたね。白いポツポツがそうです。群生するとなかなかの見ごたえです。

Photo_12

湿原入り口から歓迎してくれたのはサラサドウダンのかわいい花たち。小さな釣鐘状の花がすずなりになって咲いていました。

Photo_9

レンゲツツジもところどころではありますが今が見頃です。オレンジ色の花がひときわ目立ちますね。

Photo_10

そして、ありましたよニッコウキスゲ。まだ気の早いやつが数輪といったところですが、咲いていました。

6月中旬だからもう少し咲いているかなと思っていたのですが、今年はやはり遅いようです。

世界谷地の代名詞ともいえる花です。これから7月中旬にかけて咲き誇ってくれますよ。

Photo_11

私が行ったのは午後2時ごろでしたが、訪れる人も多くみなさんのんびりと湿原の花と緑を楽しんでいるようでした。

湿原の花はこれからが本番です。7月中旬まで、私も週一程度の頻度で訪れ花の咲き具合など報告して行きますのでご覧になってください。

|

« 震災から二年、復興イベント | トップページ | 梅雨の合い間の青空を使って »

栗駒山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1098255/35256997

この記事へのトラックバック一覧です: 世界谷地情報2010年 その1:

« 震災から二年、復興イベント | トップページ | 梅雨の合い間の青空を使って »