« また街並みが変わって | トップページ | 世界谷地情報2010年 その1 »

震災から二年、復興イベント

今日で岩手・宮城内陸地震から2年になります。市内では合同慰霊祭も行われますが、昨日の日曜日は、栗駒山の中腹の耕英地区で復興イベントと駒の湯温泉跡で慰霊碑の除幕式がありました。

 (どの写真もクリックすると大きくなります)

Photo

耕英のみなさんで運営する休憩施設「山脈ハウス」駐車場で、ありがとう!ふれあいライブ!が開催され多くのお客さんで賑わいました。

福島県いわき市からギャラ無しで駆けつけてくれたバンド二組のみなさんです。なつかしのグループサウンズの曲を中心とした男性グループと、ポップスを中心とした女性グループ。

懐かしい曲に私も思わず手拍子!    

Photo_2

会場のみなさんもいっしょになってヤングマンのYMCAの振り付け。大いに盛り上がりました。

バンドのみなさん元気をいただきました。ありがとうございました。

Photo_3

復興イベントは、これまで日本全国から多くのご支援や励ましの言葉をいただいたことに感謝し、元気になった姿を見てもらおうと耕英地区のみなさん、特に婦人部のみなさんが中心となって開催しました。

会場では名物のイワナ焼きを先着100匹無料のサービスも!

Photo_4

でっかい秋田フキにおどろくおじさん!

耕英で採れた山菜や農産物も安い値段で販売。私もキャベツと大根とキュウリとナメコをおみやげに購入です。

Photo_5

夕方5時半からは7名の方が犠牲になった駒の湯温泉跡地に今回慰霊碑が建てられ、その除幕式が行われました。

碑の後ろには今でも土砂崩れの跡が生々しく残っています。 

Photo_6  

沿道にはコップに立てられたローソクに火が灯され並べられています。

犠牲になられた方々のご冥福を祈り合掌。

耕英のみなさんの本当の意味での復活はこれからですが、天国から見守ってくださいね。

|

« また街並みが変わって | トップページ | 世界谷地情報2010年 その1 »

岩手・宮城内陸地震」カテゴリの記事

コメント

myoujinさんこんにちは。
今回、くりこま耕英震災復興の会のみなさんが制作した「山が動いた」という本を私も読みました。
震災から2年間のみなさんのご苦労と心の痛手がくわしく書かれていました。
それと同時にみなさんの前向きな姿に安心させられました。
私も、これからも何らかの形で応援してゆきたいと思っています。

投稿: 栗太郎 | 2010年6月15日 (火) 09時17分

こんばんは、先ほどはコメントを
お寄せいただきましてありがとうございました。
あれから2年ですね、被害に遭われた方々にとっては
まだ昨日のことのような気がしているのでしょうね。
岩手でも駒ノ湯のことがニュースで映されました。
家族を失った方の気持ちが痛いほど伝わってきました。
まだまだ忘れてはならないことだと思います。
こんな言葉しか言えませんが頑張ってほしいと思っています。

投稿: myoujin | 2010年6月14日 (月) 21時17分

Dさん、こんばんは。

あのショックは忘れられませんね。私は今でも夜中まで飛んでいたヘリコプターの音が耳をはなれません。

ぜひ山に行ってみてください。
道沿いには大規模な崩落現場など生々しい傷跡も目に入ってきますが、それを現実として受け止め前向きに歩んでいる耕英のみなさんに会えますよ。

PS)山脈(やまなみ)ハウスのそばやうどんはお奨めです。
今度マイグルメで紹介しますね。

投稿: 栗太郎 | 2010年6月14日 (月) 19時22分

仙台にいるので、中々このようなイベントには参加できないですが、近いうちに山に行ってみようと思います。

もう2年なんですよね。

早かったような、長かったような、何とも言えない気持ちです。

未だに地震関連の記事を見ると涙があふれてきます。

投稿: D | 2010年6月14日 (月) 12時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1098255/35248923

この記事へのトラックバック一覧です: 震災から二年、復興イベント:

« また街並みが変わって | トップページ | 世界谷地情報2010年 その1 »