« くりはら万葉祭2010 後編 | トップページ | 初サンマをいただく »

国道再開を待つ花山

昨日は栗原市花山の温泉宿、「温湯山荘」さんに用事が有り行ってきました。

9月18日(土)に国道398号線の温湯(ぬるゆ)⇔湯浜間の通行が再開されることが決まり、支配人さんも営業課長さんも大いに期待していました。お客さんがドッと増えるといいですね。

 (どの写真もクリックすると大きくなります)

Photo

花山大橋から花山湖をのぞいてみて。猛暑続きでごらんのとおり貯水量がかなり減っています。今週末あたり接近してくるであろう台風7号と、そろそろ南下してくる秋雨前線に期待だ!

Photo_2

5時過ぎに行ったので作業の車も通らなくなった温湯大橋。18日の開通を待ってるよ。

Photo_3

温湯大橋がまたいでいる一迫川上流の様子です。これ以上奥には通行止めなので行けませんが。ここから見る限りこの周辺には大きな崩れは見えませんでした。

赤い屋根の建物は古くからの温泉宿、佐藤旅館さんです。震災で源泉も枯れてしまったそうですが栗原市でボーリングした新しい源泉が近くにあり、ぜひ分湯してもらって再開してほしいものです。

国道開通が明るい希望を持たせてくれるような気がします。

|

« くりはら万葉祭2010 後編 | トップページ | 初サンマをいただく »

地元の風景」カテゴリの記事

岩手・宮城内陸地震」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1098255/36467857

この記事へのトラックバック一覧です: 国道再開を待つ花山:

« くりはら万葉祭2010 後編 | トップページ | 初サンマをいただく »