« 初ゴーヤいただきました | トップページ | 耕英のひまわり満開 »

仮設住宅解体

岩手・宮城内陸地震から2年が過ぎ、仮設住宅も法定の2年間を過ぎて取り壊しの時を迎えました。

栗駒地区では住んでいた全員がすでに元の家などに戻ることができたのですが、花山地区では一部非難勧告が解除されていない方が一軒、特例で延長して住まわれるそうで、今年の12月までになるということです。

本当に長い間、不自由な生活をされて、震災はいつまでも終わらないんだなと感じさせられます。

 (どの写真もクリックすると大きくなります)

Photo

旧栗駒町体育館跡に建てられた仮設住宅。震災から一ヵ月後の開設当時、多くのマスコミが押しかけていた風景がよみがえってきます。

Photo_2

一世帯当たり2DKの狭い住宅でした。どんな想いでみなさんが住まわれていたかは私には想像できません。

Photo_3

ただ、今は新しい将来に向かって進んでいくしかないですね。

いろんな想いが詰まった仮設住宅、二年間皆さんを守ってくれてありがとう。

|

« 初ゴーヤいただきました | トップページ | 耕英のひまわり満開 »

岩手・宮城内陸地震」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1098255/36016005

この記事へのトラックバック一覧です: 仮設住宅解体:

« 初ゴーヤいただきました | トップページ | 耕英のひまわり満開 »