« 台湾ラーメン | トップページ | 元気な鳥たち »

蕪栗沼をたずねて

宮城県の県北、大崎市・登米市・栗原市の三市が交わる所にある、渡り鳥の飛来地、蕪栗(かぶくり)沼に行ってきました。

近くは数え切れないほど通っているのですが、沼そのものを見に行くのは私は初めてです。

生命のゆりかごといわれる湿原を守ろうとする国際条約、ラムサール条約にも登録されているんですね。

 (どの写真もクリックすると大きくなります)

Photo

近くにある長沼や伊豆沼・内沼のようなたくさんの水をたたえた沼を想像して行きましたが、なるほど、細い川とその周辺に湿地が広がっている感じで趣きが違いますね。

Photo_2

昼過ぎに出かけたので、渡り鳥のみなさんは餌を探しに近隣の田園地帯に出かけている模様。毎冬4万羽の白鳥やマガンなどが越冬してゆくそうです。

Photo_3

最近ここに丹頂鶴が一羽やってきているということだったので探してみましたが私は見つけられませんでした。

昔は関東地方にもいた丹頂鶴。 こういう湿地を好むのでしょうね。

江戸時代にはもっともっと大きな湿地帯だったようですが次々と田んぼに開拓されて今の規模になったようです。

Photo_4

沼のすぐ近くには冬水田んぼがあり、冬の間も水を張り渡り鳥の休憩所のような役目をするのですが・・・。ずっと寒い天気が続くので完全に氷が張って一羽もいませんでした。かなり広い面積に水を張っていますね、融けたらまた見に来ますよ。

Photo_5

沼の土手では近所の少年たちでしょうか、ルアーフィッシングでブラックバスでも狙っているようです。この時期釣れないでしょ~ ┐( ̄ヘ ̄)┌  。

でも間違って釣れたらリリースなんてしないで、自分で食べるか、その辺の藪に投げ入れてタヌキの餌にしてくれよ!

その目の前を白鳥が、「ぼーやたち風邪ひくなよ!俺たちは元気、鳥インフルエンザになってないからね~」。なあ~んて言っているのかも知れません。

家からも30分ほどで来れる場所なので、この冬また来て見ます。冬以外の季節にもどんな表情を見せるのか観察してみたいですね。

|

« 台湾ラーメン | トップページ | 元気な鳥たち »

自然について」カテゴリの記事

コメント

myoujinさん寒波が身に染みているころでしょうか。
この沼は保護活動が活発で、周りの農家のみなさんも協力してくれてるようです。
今月、鳥インフルエンザが流行りだしたころ、保護活動のみなさんは真っ先に調査に入っていました。
鳥も大事にしてくれる事がわかるんですね!

投稿: 栗太郎 | 2011年1月31日 (月) 12時22分

こんばんは。
また寒くなりましたね。
丹頂鶴の件、こちらの新聞にも
載っていました。
私も北海道の釧路の丹頂鶴公園で
観ただけですが綺麗な鳥でした。
確か数年前にはこちらにコウノトリも
飛来したとのことでしたが自然が保たれているから
来ているのかもしれませんね。
風邪、インフルにお気をつけ下さい。

投稿: myoujin | 2011年1月30日 (日) 20時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1098255/38657814

この記事へのトラックバック一覧です: 蕪栗沼をたずねて:

« 台湾ラーメン | トップページ | 元気な鳥たち »