« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月の投稿

くりこま山車まつり2012 宵祭りその2

昨日はあの炎天下の野外での仕事が夜7時までかかり、熱中症にかからんばかりに体力消耗。

今日はデスクワークでしたが眠くてしょうがありませんでした。

28日(土)に行われました、くりこま山車まつり宵祭りの様子もその2を投稿できず今夜になってしまいました。

51

夜間巡行で見る山車は、昼間とはまたちがった華やかさがあります。

トラも少し迫力が増してきましたよ。

Photo

牛若丸と弁慶はなかなかの美しさ。

見栄えがしますね~。

なるほど、台車は写さずにセットと人形だけ撮るのも面白いな。

Photo_2

山車を楽しんでいる間にいよいよクライマックスの神輿がちょうちんの露払いでやってきました。

威勢のよいかけ声とともに馬場通りをゆっくり一往復練り歩きます。

Photo_3

文字地区の皆さんが担ぐ文字神輿と、栗駒・鴬沢の企業に勤める皆さんが担ぐ栗駒神輿の二機。

近隣の神輿愛好家の皆さんも集まり、老若男女懸命ながらも楽しんでかついでいました。

Photo_4

もちろん土曜日の夜も暑かったね~。

休憩時は給水バケツに殺到。

Photo_5

水を飲んで元気復活。

大勢の観客に取り囲まれ、ますます盛り上がり熱気もすごい。

Photo_6

やっと往復して旧役場前まで帰ってきました。

でも担ぎ手の方たちはまだまだ余裕がありそうでした。

明日は祭りで見かけた人を特集してみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くりこま山車まつり2012 その1

28日・29日と、わが町栗駒で夏恒例の山車まつりが開催されました。

夕方なっても暑さが続く昨日の宵祭りです。

休日出勤を早めに終えて私も駆けつけました。

Photo_2

5時半過ぎ、すでにたくさんの見物客の皆さんが来ていましたよ。

今年も趣向を凝らした山車(だし)が九台並んでいる馬場通り。

Photo_4

私もまずは山車の見物です。

こちらは卑弥呼伝説だ。

Photo_5

上野のみなさんは「森館軍記」

鹿狩りの鹿があまりにも可愛いので主役をとられてしまったようです。

この鹿は以前牛で使われていたものを再利用したものだとか。どおりででっかいなと思いましたよ。

Photo_6

こちらは「一休さん」

とんち話の絵に書いたトラが本当飛び出してきたんでしょうか。

一休さんもあせるでしょうね!

このトラも、うちの愛猫「さんぽ」なみに可愛かった!

Photo_8

栗駒音頭と文字甚句の踊りの皆さんです。

だんだんとお祭りの雰囲気が盛り上がってきましたよ。

Photo_7

山車の夜間巡行の様子。

田町地区では小さな子供たちのお囃子が山車の前面にきてがんばっています。

本祭りの今日は部落の行事があって見にいけませんでしたが、宵祭りだけで何話までいくことやら。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

優勝軒 奥州前沢店の濃厚特製味噌ラーメン

日曜日の遠野の帰り道、奥州市水沢で買い物をして、遅くなったな~腹も減ってきたし~、と思いつつ前沢まで来たら・・・

国道4号線沿い、イオン前沢店の並びに「優勝軒」の看板があるではありませんかΣ(`0´*)

これは寄らずにおれませんね。

Photo

そうです東池袋のラーメンの名店、優勝軒(私は行ったことはないので味は知りませんが)で修行したお弟子さんのお店のようです。

Photo_3

大勝軒といえばつけ麺なのでしょうがすが、私、つけ麺の良し悪しがよく判りません。

よっぽど変なものでない限りみんな同じ感じがしてね。

Photo_4

でっ、わたしが選んだのは濃厚特製味噌ラーメンです(普通盛750円、大盛850円)

味噌が好きなもので(;´▽`A``

Photo_5

優勝軒ってどういうラーメンを出すんだろうと期待して待っていたところに、いよいよやって来ました。

鶏のいい香りがします。

Photo_6

具はもやしと豚のひき肉、玉ねぎがたくさん乗っている印象。

スープはドロっとしたトロミがあります。まず一口すすってみます。

おお~w(゚o゚)w これはすごい! 鶏の味が濃厚。

仙台の○○一品ラーメンのような鶏の濃厚さだがあそこまでしつこくはないね。うまみをよく出していて味噌とよくマッチしています。

味噌だからこそくどくなくできるのかも知れません。

Photo_7

麺は太麺でしこしこ腰があって美味しい。スープによく合っています。

いや~美味しいラーメンでした。

ぜひまた来て、今度は優勝ラーメンをたべてみたいと思います。あっさり味噌も気になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遠野の神社を訪ねて

遠野の旅の(旅というほどでもないが)紹介は三日目、今夜で最後です。

出張に出かけた祭も早起きして神社の紹介をしたり、2月には小友の巌龍神社のお祭りを紹介しましたが、遠野には神社が数多くあります。

しかもそれぞれが大切に祭られていて、威厳というか霊力が漂ってくるのを感じてしまうのは私だけでしょうか。

Photo

又一の滝を後にし、附馬牛から荒川高原に向かう途中にある駒形神社に寄ってみました。

ご神木の大きな杉の木が立っているのは、まだ神社の入り口です。

Photo_2

参道には朱に塗られた鳥居が並びます。

ここを通りぬけると別の世界に行ける・・・ような気がしました。

Photo_3

なんとも威厳のあるたたずまい。

杉の根っこが自然の階段を造っていて美しかった。

遠野は昔からの馬の産地。馬の守護と馬産の隆盛を祈願して神社は奉られています。

Photo_4

もう一箇所行った神社は稲荷穴とそのそばにある稲荷神社です。

旧宮守村(今は遠野市宮守)にあります稲荷穴は鍾乳洞で奥行きは700mもあるそうです。

一般の人は入れませんが。

この穴の出口からはきれいな水が流れ出て宮守名産のわさびを育てています。

岩手の名水20選にもなっていて、水を汲みに来る人もいましたよ。

Photo_5

すぐ隣にあります稲荷神社です。雨乞いの神様らしい。

狛犬の代わりに狐が神社を守っていましたよ。恐そうではあるが利発そうなお狐さま。

遠野の神社は威厳ばかりではなく、住民の生活に根ざした親しみのある神社でもありました。

私の行ってない神社は、まだまだたくさんあるので行くたびに何ヶ所か参拝してみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遠野の風景といえば・・・

遠野めぐり第二段。

遠野といえば高原からの風景も印象的なんですよ。

荒川高原、貞任高原、寺沢高原などなどたくさんあります。

日曜日は霧がかかっていたので高い高原はダメでしたが、ここはなんとか大丈夫でした。

Photo_2

高清水牧場の展望台から見た遠野の里。

写真三枚を編集ソフトでつなげてみました。(クリックして拡大してご覧ください)

昔し遠野は大きな湖だったそうな。これを見るとうなずけますね。

Photo_3

かっぱ淵がある土淵方面を拡大!

この日は川井村を経て宮古に抜ける国道340号線の土淵バイパスの開通式を行っていました。中央の逆Sの字の部分がそうです。

被災地の沿岸部と内陸部をつなぐ復興道路にもなっているようです。

田園風景、山村風景が続く私の好きな道です。(しばらく走ってないなあ、( ̄▽ ̄)遠い目)

Photo_4

寺沢高原の牧場です。

ちょうど1000の標高がある展望台から360度の展望が楽しめます。

早池峰や薬師岳、岩手山、鳥海山まで見えるのですがこの日はちょっと無理でした。

牧草地には牛の姿は見られず、大型トラクターに巨大なドリルの刃のようなものをつけて、放射性セシウムの付着した表面の土と、数十センチ下の土をひっくり返す作業をしていました。

ここにも原発事故の影響が及んでいるんですね。

広大な牧場の土をすべてひっくり返すのは大変な作業だ。効果があるのかも疑問ですが、やらないことには前に進みません。

Photo_5

私にはのんびりした牧場の風景が早く戻ることを願うしかありません。

牛や馬が草原で草を食べる姿を見たいですね。

Photo_6

いつも通っていた附馬牛地区の道をなぜか間違えてしまい、たどり着いた所にあった朽ち始めた萱葺きの民家。

屋根にはコケや草だけでなく、けっこう大きな木も生えていました。

自然の素材だけで出来た日本古来の民家は、このまま静かに土に還ってゆくんですね。

私が道をまちがえたというより、この家と出会うように導かれたような・・・、そんな不思議な力が遠野にはあるんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幽玄、遠野 又一の滝

昨日の日曜日は早起きをして遠野方面に行ってきました。

兼ねてより良い所だよと友人に薦められていた「又一の滝」。やっと訪れることができましたよ。

Photo

滝への入り口は附馬牛地区の奥になるのですが、案内板が見にくくなっていますので迷わないように注意です。

先客の車が7~8台停まっていましたが、みなさん登山道ですれ違い下って行ったので貸切状態。

遠野市の北に位置する薬師岳や早池峰山への登山道にもなっている登山口から入って行きます。

ブナやカエデなどの木々がうっそうとして薄暗い登山道。途中小さな沢を二つ渡してある丸太橋を落っこちないように注意しながら超えてゆきます。

30分弱ほどで見えてきました・・・

Photo_3

おお~! 大きい!!

滝の上の方には今朝まで平地も覆っていた霧が残っていてよく見えないが幻想的な雰囲気。

Photo_4

垂直に落ちるのではなく、巨大な岩の表面を滑り落ちています。

そのため流れ落ちる音はドドーンではなく、ザーッの大きな感じ。

滝上部は二段になっているようだ。

Photo_5

昨日の涼しさもあるが不思議な霊力を感じゾクッときそうだ。

遠野にはそういう場所がたくさんある。

Photo_6

滝つぼのそばに小さな祠があったのでお賽銭をあげてお参り。

よく見ると祠の隅に河童大明神のお姿も・・・。

この沢の守り神に違いありません。

東北には他にも大きな滝はたくさんあるが神秘性では一番ですね。薦めてくれた友人に感謝です。

次回は秋の紅葉の時期に来て滝の上の方まで登ってみたいな~。バチは当たらないかな、ちょっと心配です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くりこま山車まつり2012 告知

ここ数日肌寒い日がつづいていましたが、明日からはまた暑さが戻るとか。

いよいよ夏本番といえば、夏の祭りも次々とやってきますね。

まずは、7月28(土)・29(日)とわが町栗原市栗駒の岩ヶ崎で行われます「くりこま山車まつり」です。

Photo

28(土)は宵まつり。

 子供神楽。栗駒音頭、文字甚句の踊り。山車夜間巡行。栗駒神輿大乱舞。

29(日)は本まつり。

 午前9時からは、協賛行事として30団体もが参加する「よさこい祭り」

 午後はメインの山車巡行が行われます。

去年の宵祭りの写真を紹介します。

Photo_2

夜間山車巡行は、山車内部にも照明がつけられ美しさが映えますよ。

Photo_3

ずらりと並ぶ山車の前での栗駒神輿、文字神輿の大乱舞。

写真好きの人には絵になるシーンがめじろおし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あじさい

梅雨明け宣言をしてもよさそうなのに、太平洋高気圧が巾をきかせるまでためらっている気象庁。

よく当たる気象予報人は関東地方といっしょに梅雨は開けましたよと宣言しましょう。

梅雨時の花といえばあじさいですね。

三連休中に訪れた平泉の中尊寺のあじさいが印象に残っています。

Photo_2 

観光客の多い本堂(本道)から外れて、観光バスの周回所などが有る、中尊寺におつとめする住職さんたちのご自宅があるあたりが趣があって私の好きなスポットです。

萱葺き屋根や瓦屋根の日本家屋らしい建物と、味わいのある花、竹、樹木が並んでいます。

山あじさいの咲きほこる門口。

  (あくまでも個人のお宅なので、許可無く敷地内には入らないでくださいね)

Photo_3

竹林とのとり合わせが、なんとも日本的で美しい。

金色堂あたりの喧騒も聞こえず趣があります。

と、ここで終わってればいいのですが・・・

Photo_4

蛇足で、わが家の裏庭のあじさいも紹介しましょう。

えっ、「別にいいよ」って、そんなこと言わずに。今が青色の一番きれいな時なんですよ。

庭だか雑木林だかわからないというご意見もあるでしょうけどね。

Photo_5

ねっ! 深い青でしょ。

心がなごみますよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛猫、近況

わが家にやってきて早一ヶ月になろうとしています愛猫のさんぽ。

近所の人には一回り大きくなったと言われますが、まだまだ子猫です。

日曜日の情景。

Photo

私が物置の片付けをしている間に姿が見えなくなったなと思っていたら・・・

私の愛用のカメラバッグにもぐりこんでうたた寝しているさんぽ。

Photo_2

「おいおい、父ちゃんのカメラバッグに入っちゃダメじゃないか!」

と言ったら、寝ぼけた顔で起き上がりました。

「んっ、なあに?」

Photo_4

「え~、きもちよくねむったばかりなのに」

Photo_5

「とうちゃん、おこるとこわいからな、よいしょっと」

少しだけききわけが良くなって来た愛息子です。

可愛いです。(親ばかですが)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

納涼 浅布渓谷

三連休最終日の今日は暑かった( ̄○ ̄;)!

栗原市では33.2℃にもなったそうなw(゚o゚)w

エアコンなどという文明の利器が無い我が家に母と猫のさんぽを残して、私は涼しい場所を求めてさ迷い歩くのでした。

Photo

行き着いた先は栗原市花山の浅布渓谷。

まあここも暑いのですが、木陰や渓谷が気分的に涼しさを呼んできます。

Photo_2

不動の滝のすぐ下で、川の中に入って撮影。

けっこう涼しいね!

緑と川の水がきれいだ。

Photo_3

不動の滝です。高さこそ無いけど水のカーテンが川幅いっぱいに広がり親しみやすい滝という感じです。

Photo_4

滝壷はけっこう深そう。

私が子どもの頃、近くにこんな渓谷があったら夏休みは毎日泳ぎに来ていただろうな。

名勝になってはいるものの、泳いじゃダメよという看板も無いので泳いでもいいかな。

見物客がまばらにやってくるので、その視線に耐えられればですが。

気分的に少しは涼んで帰路につきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一迫ユリ園を訪問

三連休ですが今日・明日は雨の予報になっていたので、昨日、写真展に行った後一迫ユリ園に行って見ました。

Photo

今年もきれいに花を咲かせていますね~、一迫ユリ園。

丘一面にいろんな種類のユリが咲いています。

中央には絆とかたどって植えられていましたが花の開花時期がバラバラのようでしたね。

Photo_2

花に囲まれて女の子が楽しそうにお母さんの写真を撮っていました。

おじさんもうれしくなるね。

Photo_3

同じ種類が並んで。

Photo_4

オーナー制の畑ではいろんな種類が混在して。

どちらもきれいです。

Photo_5

Photo_6

Photo_7

園内に咲いているユリの花はどれでも購入できます。

現場にいる係りのおじさんが育て方まで親切に教えてくれます。

開園期も終盤になってきたのでだいぶ買われていったようで、まばらになっている種類もありました。

Photo_8

犬の散歩も兼ねて見に来る人もいます。

「とうちゃん、きれいな花たくさんあったね~」

なんて話してました(たぶん)。

入場料:大人650円

今月末まで開催されるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「フォト12写真展」を見に行きました

今日から3連休。

午前中はランニングしたり家の周りの草刈をして、やることはやったよのアリバイを作り、お昼を食べたらすぐに外に出ました!

Photo

行った先は大崎市古川の大崎市民ギャラリー。

「フォト12写真展」という大崎市や栗原市で写真を趣味とする皆さんの作品展を見に行きました。

Photo_3

レベルが高く、技術的には私なんぞは及びもしない作品の数々。

風景、祭り、氷と光、仏像、などなど。

Photo_4

廃校になった小学校の校舎内を撮った写真が印象的でしたね。

私だったらどう撮っただろうと想像してみました。

写真は、それを見てどれだけ感動した人がいたかどうかがその価値ではないかなと思っています。

写真展は7月16日(月)まで

 午前10時~午後5時まで展示されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハバネロラーメン

登米市佐沼にハバネロラーメンを出す店があると聞き、辛いもの好きの血が騒ぎ、やってきました。

Photo

らーめん さんさん さんです。

迫川の東側、コメリとかブックセンター湘南があるあたりです。

このお店には以前、開店したての時(7年ぐらい前かな)にも来た記憶がありますが、当時は坦坦麺がメインだったような気がします・・・

Photo_2

有りましたよハバネロラーメン!

世界一辛いと銘打っていますが、さていかに。さっそく注文しました。

Photo_3

澄んだ醤油味のスープに白髪ネギ、その上にハバネロと思われる赤い粉末がかけられていました。

ハバネロを溶かす前にスープを一口。

鶏、豚、魚介のだしがバランスよく出ていて、これだけもなかなか美味しいラーメンです。

Photo_4

麺は中太のストレート。スープに合っていますね。

さていよいよハバネロを溶かして食べてみます。

んん~辛いことは辛い。

辛さ度数は「4辛」

私個人の意見ですが。ハバネロをいろんな料理に使ったものを食べてみましたが、刺激的な辛さというか、辛さにキレがありすぎて料理と合わないような気がします。

どんなに交ぜてもハバネロが浮いているような気がしますが、みなさんどうでしょう。

ハバネロの食べ物の中でこれまで一番美味しかったものは、メキシコ土産にもらった青ハバネロの酢漬けです。

単品で食べるのが一番かも知れませんね。

Photo_5

このお店のメニューには「す~ら~さんさん」なる黒酢を使ったスーラータンメンのようなメニューもありました。

次回訪れた時はこれを食べてみましょう!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

くりでん乗車会

6月~11月の毎月第二日曜日、栗原市若柳の旧栗原田園鉄道若柳駅周辺で乗車会が行われています。

8日の日曜日、私も乗りはしませんでしたが懐かしいくりでんの走る姿を見てきました。

Photo

旧若柳駅に有る車庫からなつかしいあずき色の車両が出てきました。

10時~14時半までの間、30分間隔で運行されます。

Photo_2

出発進行!

Photo_3

運転席脇の最前列では、小さな女の子が車掌さんの帽子をかぶってご満悦な笑顔で手を振っています。

Photo_5

往復1Kmほどの距離を10分で帰ってきてしまいますが、かつての姿を思い出させてくれて本当に懐かしいね。

私も学生時代仙台に行く時はずいぶん利用させてもらったものです。

Photo_6

駅の待合室は乗り終えた人、これから乗る人でほどほどに混雑しています。

乗車料金は車両の保存協力金という形で一人200円をいただいています。

小学生未満は無料です。

Photo_7

待合室の隣の事務所では切符(硬券)を並べておく棚も(こういう言い方でいいのでしょうか)あり、これまたなつかしい。

記念乗車券を買い求める方もいました。

Photo_8

次回は私も乗ってみようと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

にゃんぶ煎餅

猫を飼い始めて半月。

最近やたらと猫に関する話題に敏感になっています親ばか栗太郎です。

そんな折、いつも写真でお世話になっている、カメラのキタムラ、ザ・ビッグ金成店の店舗ブログ (←クリックしてね)で面白いものを発見です。

Photo

「にゃんぶ煎餅」 です!

にゃんこ用の南部煎餅ですが、なんとも楽しいネーミングにはまってしまいました。

ブログを書いた千葉Aさんに購入先を聞いたら、隣町のJR一関駅の売店で売っているそうです。

さっそく手に入れうちの息子にも食べさせてみようという親ばかぶり。

Photo_2

何も余計なものは入っていない真っ白な煎餅といったところ。

原材料は小麦粉と鰹節、膨張材のみ。

飼い主さんもいっしょにどうぞと書いてあったのでまず私が味見。

塩気が全く無くて、硬さはソフトクリームのコーンよりちょっと硬い程度。

Photo_3

では息子のさんぽにも。

小さくちぎってあげたら食べましたよ。

八戸市の味の海翁堂さんで製造。

Photo_4

姉妹品のわんぶ煎餅もありますよ。

こちらは助宗鱈が入っているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地区グランドゴルフ大会

昨日の大雨はうそのように今日は朝から天気が良く、夏らしくぐんぐん気温も上昇。

暑い一日だった栗駒地方です。

Photo

今日は私の住む行政区の自治会主催のグランドゴルフ大会が行われました。

東北地方の典型的な過疎化・高齢化が進む我が地区ですが、自治会が活発に活動してくれているのは幸いです。

大変好評で、年に2回の開催に増えたグランドゴルフ大会。

今日も参加者40名(地区の戸数70)が集まりましたよ。

Photo_2

昨日の雨でグランドコンディションはちょっと悪いものの、旧鳥谷(とや)小学校校庭には和気あいあいとした笑顔があふれます。

Photo_3

若い人もいますが、ほとんどが60~70代の年配の方々。

ふだん地区のみんながこんなに大勢集まることはほとんど有りませんからね、集まることに意義があるんです。

空振りしたり、ボールを打たずにティーショットのマットを打ったり。そのたびにみんな大笑い。

ナイスショットにはみんなで歓声をあげてくれます。いいですねこの雰囲気。

Photo_4

小学校の同級生、T君のお母さん。

日ざしを避けるためお父さんのシャツを着てきたのかな。おしゃれですね。

Photo_5

同じく同級生Kさんのお母さん。

ちょっと痩せたかな~。でも私の顔を見ると真っ先に声をかけてくれて・・・ うれしいですね。

お元気そうです。

うちの母も元気なので、「同級生のお母さんたちもたくさん来るから参加してみたら」と言うのですが、出不精なんですよね~。

今日の楽しそうな写真をテレビに映して見せたので、秋の大会には参加すると言ってくれたらいいのですが~。Photo_6

いつもなら草ぼうぼうになっているグランドも自治会役員の皆さんが何日も前から整備してくれたおかげで支障なくプレイできました。

商品の手配、記録の集計。役員の皆さんお疲れ様でした。

地域の皆さんが集まって大きな声で笑いあえる貴重な時間でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メダカさらに増える

先月にわが家のコンテナ水槽でメダカが誕生したことをお伝えしました。

1日の日曜日に子メダカが他の大人のメダカに食べられないようにと水槽を分けたところ・・・・・。

Photo_2

わが家の東側の庭です。

奥がこれまで親子のメダカが住んでいた水槽。

手前が今回子メダカ用に設置した水槽です。

Photo_3

どうやら移動してきた水草に新たな卵が付着していたらしく、新しい水槽には孵化したばかりの子メダカがいっぱい泳いでいました。

ほんの2mmほどのメダカが何十匹(百匹ぐらいいるかも)と泳いでいます。

大きく育って欲しいな。

なんて思っていると今日は朝から雷が鳴り、私が出勤で家を出る頃にはどしゃ降りの雨。

雷も暑さも夏本番になってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜の愛ねこ

わが家に養子に来てから10日になりました。

愛息子のさんぽです。

Photo_3

私が帰ってきた時には寝ていましたが、起き出して来て元気に暴れまわっています。

私の書斎にて。あどけない顔を見ているだけで癒されます。

おとなしくしていることが無いので写真に撮るのも大変。

Photo_4

珍しくテレビに興味を持っています。

今までは婆ちゃんと寝ていましたが、今夜は父ちゃんと寝ようか・・・。

ブログを書いている間も書斎を駆けずり回っています。

疲れてぐっすり寝てくれるといいのだが┐(´-`)┌

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東京か~

約20年ぶりの東京。

私には住めない所と今でも思っています。

Photo

不忍池のボート乗り場。

10時の開業前の静けさ。係りの人がボートの掃除をしています。

午後3時には大勢のお客さんで池が一杯でした。決してきれいではない湖面にひしめくようにボートを浮かべています。

Photo_2

夜8時頃のアメ横。

昼間より人出が多いような感じがします。

何を求めて夜の街を歩いているんでしょうかね~?

Photo_3

夜8時22分の盛岡に向かう最終の新幹線に乗るべく上野駅へ。

25年頃前、私が仕事でよく訪れた頃の上野駅に隣接してオシャレな(なんだろうな~)駅ビルが隣接していました。

土曜の夜ということもあり混んでいたのでしょうが・・・

夜に出歩く人もいれば、早寝早起きで朝の静かな街を走ったり歩いたりを楽しむ人もいます。

いろんな生活スタイルがあるのが東京ですが、私が欲しいものは有りませんでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東京栗駒会総会に参加

昨日、6月30日(土)に行われました「東京栗駒会」の総会に招待され、行って来ました。

昨年秋と今年の春号の東京栗駒会の会報に故郷の写真を提供させてもらったご縁で招待をいただきました。

Photo

上野の不忍池(しのばずのいけ)

約20年ぶりの東京。会場に向かう道すがらハスが生い茂った池をぐるりと巡ってみました。

それにしても暑いね~。東京用に買ったばかりのシャツはすでに汗がにじんでいます。

写真にもチラッと写っています「東天紅上野本店」が会場です。

Photo_2

第37回の東京栗駒会総会。

もっと古いんじゃなのと思いますが、総会を開けるようになってからの年数なんでしょうね。

3

小野寺会長さんのあいさつに始まります。

Photo_3

決算報告等が行われた後の懇親会。

故郷栗駒からは清水田(しずた)神楽の皆さんが未明の3時に栗駒をたって東京入り。

1時間弱にわたる神楽を披露し拍手喝采でした。

Photo_4

文字甚句の踊りも披露。

会の盛り上がりも最高潮。

Photo_5

年に一度、故郷を出て苦労を重ね、功をなされた同郷の馴染みの顔に再開。

みなさんうれしそうでしたよ。故郷の友とは家族や都会で知り合った友とはまた違った世界が広がってきます。

Photo_6

郷里の物産の販売所も開設され、なつかしの味を買い求める人で賑わっていました。

で、栗太郎君は何か貢献したのかい?

との質問もあろうかと思いますが。しっかりお土産を持って行きましたよ。

Photo_7

故郷の写真を17枚。会場に貼らせてもらいました。

多くの方に見ていただきました。質問も受け、今と昔の違いを逆に教えてもらったりして。楽しかったです。

Photo_8

10時45分から始まり午後3時近くまで続いた総会もみんなで踊る「栗駒音頭」で閉幕。

菅原栗駒総合支所長さんも最後の踊りまでお付き合いいただき、気さくな方と人気でしたよ。

皆さん来年もまた元気で再開することを誓い、名残惜しくも散会となりました。

私もたくさんの昔話しを聞けて楽しい会でした。

私より一回り以上年上の方がほとんどでしたが、遠い東京の地で故郷を思い、心配してくれる皆さんがいることを忘れてはいけませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »