« 里で見た栗駒山の雪と栗駒芸術文化祭 | トップページ | 栗原の秋景色がここまで来ました »

栗駒芸術文化祭始まりました

毎年11月に行われます栗駒芸術文化祭。3日・4日と開催されます。

私も地元の写真クラブに所属していますので出品しています。

Photo

会場の栗駒のみちのく伝創館。

入ってすぐに和紙人形のみなさんの展示、と製作教室がありました。

Photo_2

繊細な和紙で作った美しい人形がたくさん飾られていましたよ。

しょっぱなから見入ってしまいます。

がっ、我が写真クラブの展示を見に行かないと・・・

Photo_3

予想以上にお客さんが多く好評のようでひと安心。

朝からお客さんの案内係りをしてくれていますTさんSさん、お疲れさまです。

Photo_5

こちらは絵画のみなさんです。

Photo_6

今では無くなってしまった懐かしい岩ヶ崎の軽辺川の春の景色を描いてくれたのは、先ごろ宮城県を会場に行われたねんりんピックの美術展洋画部門で、最高賞となる厚生労働大臣賞を受賞した六日町の斉藤文子さんの作品「思い出」です。

芸術ってその技術はもちろんですが、人を感動させるものでなければいけないと私も常々思っています。それにふさわしい作品ですね。

そんな写真を私も撮ってゆきたいものです。

Photo_7

書道の皆さんです。

なかなかむずかしい文章で素人には良く判らない芸術です。

でも、読めなくても見ていて心地よいものがいいものなんでしょう・・・。ねっDさん。

そんな中から文章もわかりやすかったのがこの作品でした。

Photo_8

おそらくまだ若い方の作品かと思います。技術的には未熟かも知れませんが、なにか心に響くものがありました。

Photo_9

土曜日でしたが多くのお客さんに来ていただき各部門のみなさん忙しそうでした。

明日はもっと多くの人が来てくれるといいですね。

私の写真も見てくださいね。遠野の神社を二箇所ほど撮ったものです。

Photo_10

私が一番感動したのがこの作品です。

押し花のみなさん。桜の花は春の色そのままです!

こんなに生き生きとした花のままで残すことができるんですね~ヾ( ̄0 ̄;ノ

その花を並べて美しい作品に。すばらしい!

Photo_11

帰りのロビーでは盆栽生涯教室のみなさんの菊の花が見送ってくれました。

心がなごみました。

栗駒芸術文化祭は明日の午後3時までの開催です。

見に来てね!

|

« 里で見た栗駒山の雪と栗駒芸術文化祭 | トップページ | 栗原の秋景色がここまで来ました »

趣味」カテゴリの記事

コメント

中学・高校で教わった先生方が、お歳を召されても活躍されている姿を見ると、こちらも負けていられない気持ちになりますね。

投稿: 栗太郎 | 2012年11月 7日 (水) 12時10分

すごいですね!
もう宛名書きを任されてるんですか!

文化祭には岩高の元教師の方も絵や俳句を出してました。
お元気そうでなによりです。

投稿: D | 2012年11月 6日 (火) 06時19分

Dさんありがとうございます。

姪っ子も生涯の趣味として書道を続けていって欲しいものです。

今年も年賀状の宛名書きは全部任せられることでしょうね(笑)

投稿: 栗太郎 | 2012年11月 5日 (月) 21時33分

ありがとうございます。

栗太郎さんの写真も拝見しましたよ。遠野の写真きれいでした。私は雪のが好きでした。

中学生は社中展や河北の紙上展があります。河北のは姪っこさんも出したんじゃないでしょうか。

投稿: D | 2012年11月 5日 (月) 21時15分

Dさん、こんばんは!

Dさんの書も見ましたよ。
見ていて安心できる作品だと思いました。

中学生も延びていってほしいですね。

投稿: 栗太郎 | 2012年11月 4日 (日) 21時37分

こんにちは。
これは高校生の作品ですね。
落款印は私が刻したやつです。
私は隷書を書きました。

投稿: D | 2012年11月 4日 (日) 10時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1098255/47708005

この記事へのトラックバック一覧です: 栗駒芸術文化祭始まりました:

« 里で見た栗駒山の雪と栗駒芸術文化祭 | トップページ | 栗原の秋景色がここまで来ました »