« おだやかな連休の始まり | トップページ | 年越し熊そば »

「喜の川」でうまい日本酒をいただく

夜は以前勤めていた会社の同僚で飲み仲間だった方たちと三人で、一関駅前にある居酒屋「喜の川」(きのかわ)さんで忘年会です。

Photo_2

喜の川さんは一関でも人気のお店。開店の5時きっかりに待ち合わせて入店。

すでに座敷は予約でいっぱいらしくカウンターでいただきます。

カウンターの目の前にはお通しも兼ねた料理が並んでいます。

人気の一つは料理の美味しさなんですよ。

Photo_3

寄せ豆腐、豚の角煮。

Photo_4

八宝菜風煮物、ブリと野菜の煮物。

他にもおでんや筑前煮が並んでいましたよ。

みんなおいしそうで、どれにしようか迷います。

まずはエビスビールの生で乾杯です。一年間お疲れさまでした。

「あ~うまい」。やっぱりビールはエビスだね。

人気の理由もう一つは、日本酒の種類の多さなんです!

Photo_7 

黒板に書かれた日本酒のお品書き。日本中から集められています。

日本酒好きの私にはたまりませんね。黒板をうっとりながめています。

Photo_9 

あっという間にエビスビールを飲み干し、最初に選んだのがこれ!

釜石の「浜千鳥 にごり酒」

浜千鳥はふだん純米酒をいただいていますが、にごり酒もいい香りだ。ちょっと甘めですが飲みやすくておいしいね。

Photo_10

料理は豚の角煮をチョイス。

よく煮込まれた豚バラはもちろんですが、その味がしみこんだ野菜がまた美味しかったあ~!

Photo_11

刺身の盛り合わせもうまい。

しばらく食べ進んでから、あっ写真撮ってなかった、とあわてて撮影。

Photo_13

次のお酒は、名前に引かれて選んだ「尾瀬の雪どけ」純米大吟醸の生酒です。

群馬県のお酒ですがこれが大当たりでしたね。

生酒なので少だけ甘めですが、ほとんど吟醸香がしなくなるのでちょうどいいんですね~。

これは本当に美味しかった。

お店にお酒を卸している一関地主町の酒屋「かんりょう」さんに行ってさっそく買ってこよう。

尾瀬の雪どけなんて名前がきれいですよね、山好きはついたのんでしまいます。

その名前にぴったりの、なんの混じりけのない澄んだ味でした。

Photo_16

国産黒毛和牛のモツ鍋。

これは絶品でしたね。友人たちも「いやな臭みが全くなくて美味しい」と絶賛。

Photo_15

〆の一杯は、新年を迎えるにふさわしい名前の「開運」純米ひやおろし。

気の置けない友人たちとの会話。美味しいお酒と料理。いい新年を迎えられそうです。

|

« おだやかな連休の始まり | トップページ | 年越し熊そば »

マイ・グルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1098255/48531306

この記事へのトラックバック一覧です: 「喜の川」でうまい日本酒をいただく:

« おだやかな連休の始まり | トップページ | 年越し熊そば »