« 大土ヶ森への道 | トップページ | 遠野荒川高原の秋景色 »

遠野の里は秋色

楽天日本一おめでとう!

東北のみなさんにどれだけ喜びと希望を与えてくれたことか・・・。

「いがった、いがった」(ノ∀`)・゚・

さて、この三連休初日の土曜日、私のお気に入りの岩手県の山里、遠野と旧川井村タイマグラに行ってきました。

まずは遠野の山里からご紹介。

14
朝7時前には遠野に到着。

まずはいつもの高清水牧場の展望台から遠野市内を・・・って、この時期遠野の朝は霧におおわれます。

今日も放射冷却が厳しく、猿ヶ石川や高瀬川の川霧が里を埋め尽くしこの通り雲海が美しい。

この霧が晴れると・・・

16
遠野の里が一望できます。(帰り道にまた寄って撮ってきました)

写真はカッパ渕、山口の水車方面です。

11
高清水牧場ですから山の上は牧場になっています。

東日本大震災以来、放射能汚染はここまで影響を及ぼし、牧場には放牧される牛や馬の姿が。

12

この日、牧場には放牧された馬の姿が見えましたよ。

良かったね。広い牧場で食べる牧草の味は格別だろうね~。

13
優しい目をした馬が「やっと帰ってこれましたよ」と喜んでいましたよ。

17
山里は紅葉も始まりました。

はせ掛けにした稲の脱穀作業も最盛期。

18

あちこちで家族総出で作業する姿が見えました。

195
遠野の里には茅葺屋根の家を見ることができます。

納屋などに使われている家かな。

19_2

こちらは母屋だった家。

朽ち始めています。土に帰るのを待っているようです。

191
遠野に来たらいつも寄ります附馬牛小出地区の早池峰神社です。

りっぱな山門も茅葺屋根でできています。

192
早池峰神社のすぐそばにある旧小出小中学校。

私が始めてこの地区に来た頃は元気な子供たちの声があふれていました。

空はあの頃と変わりません。

193
遠野らしい風景を!

附馬牛にで見かけた小さな鳥居と山神の石碑。

鳥居は私の身長ほどしかないかわいい物でしたが、昔から村人の心の拠りどころだったのでしょうね。

194

岩の上に置かれた小さな祠には狐が祀られていました。

この辺の山神は奥羽山脈のそれように女性なのでしょうか?

この神社にも物語がありそうで気になりました。

タイマグラ編へと続きます。

この日がニコンD800Eのデビューでした。

カメラのせいか、レンズのおかげか、写真がクッキリ・スッキリで気持ちがいいです。

後はカメラマンの感性と腕しだいのようです。



















|

« 大土ヶ森への道 | トップページ | 遠野荒川高原の秋景色 »

山里の風景」カテゴリの記事

コメント

まめっちさん、遠野はいいですよね(うんうん)

遠野の民話の風景が今でもあちこちにあるんですよね。

それは私の小さかったころに見た栗駒の風景なのかも知れません。

今朝の栗駒山は雲がかかっていましたが、雲が晴れたら雪が積もっていました。

里の雪ももうすぐです。

四季それぞれの美しさがある東北に生まれて良かったと思っています。

投稿: 栗太郎 | 2013年11月11日 (月) 22時31分

遠野良いですよね〜happy01
私も一度だけ行った事が有ります(かなり前ですけどねcoldsweats01ハハハ〜)
写真を見てとても懐かしく思い出しました♪語り部のおばあちゃん昔話も素敵でしたhappy01
天気予報に雪マークが出ました!!bearing
雪景色の写真になるのも近いですか?楽しみにしていますwink

投稿: まめっち | 2013年11月11日 (月) 19時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1098255/53824912

この記事へのトラックバック一覧です: 遠野の里は秋色:

« 大土ヶ森への道 | トップページ | 遠野荒川高原の秋景色 »