« 湯浜温泉から千年クロベへ その2 | トップページ | 栗駒山初雪 »

湯浜温泉から千年クロベへ その3

26日の千年クロベ登山紀行も最終回。

たいして遠い道のりではないのですが、お伝えしたいことがたくさんあり長くなりました。

今日はいよいよ千年クロベとの出会いです。

20

古道の森コースから千年クロベへの道に入り、すぐにコンクリートでできた橋に出合います。

そうなんです、かつては花山の温湯温泉からここまで、くねくねと林道が通っていたのです。

岩手・宮城内陸地震でズタズタに寸断されるまではね。

さらに行くと・・・

25
6年前の内陸地震の時に取り残された軽トラックが残っていました。

まだナンバープレートも付いたままです。

大雪の積もる冬もここで一人でいたんだな。

がんばったな!

せめてここに来たときは声をかけてあげるからね。

21
軽トラックから林道を500m以上来ただろうか。

クロベの木があちこちに見え始め、左手にひときわ大きいクロベの木があるなと思ったところに・・・

22
林道からそのクロベの木に向かって藪を刈った跡があります。

そちらに歩を進めると先ほどの大きなクロベの木。

しかし目指す千年クロベはさらにその奥に40mほど入ったところにありました!

その姿です!

23
これはデカい!!

M氏と比べていただくとよくわかります。

幹回り10m、推定樹齢1000年。納得です。

26
幹の中心部は落雷のせいか(M氏の分析による)大きく裂けているものの,太い枝や常緑の葉を見事に茂らせています。

神々しくもある千年クロベ。

来た甲斐がありました。

昼食をとりながら大休止。

24

帰りに林道に戻ると、前方には虚空蔵山が見え、東側には先日山腹を横切って行った大地森が間近に見えました。

まぎれもなく栗駒山の一部なんですね。

いろんな顔を持つ栗駒山。ますます好きになりました。

その栗駒山では、本日登山口の一ついわかがみ平まで初雪が降ったそうです。

明日は晴れそうなので、雪を頂いた姿を紹介できるといいね。










|

« 湯浜温泉から千年クロベへ その2 | トップページ | 栗駒山初雪 »

栗駒山」カテゴリの記事

コメント

Naoさん、こんにちは。

内陸地震以来、周辺の状況に関してはたくさん耳にしているのですが、千年クロベは今回が初訪問でした。

実際に見て感じないとブログは書けないなと改めて思いました。

私もまだまだ歩いたことのないコースがありますので、春になったらまた登りますよ。

ちなみに雑誌「リラク」11月号には栗駒山裏掛コースの登山行が載っていました。
行ってみたいなあ~。

投稿: 栗太郎 | 2014年10月30日 (木) 06時06分

こんにちは。

千年クロベ、ステキですね~
歩いて行く道もお天気も最高で、綺麗な写真にうっとりです。

あの軽トラってそんな訳があったんですね!!知らなかった~
他の方のレポで見たことあったんですが、
それであんなところにいたんですね。
謎が解けました!!
さすがに栗太郎さんはあの辺のことは何でも知ってますね。
ひとつ勉強になりました。

もう雪の季節になってしまったので、来年絶対クロベに会いに行きたいです♪
またまた素敵情報ありがとうございます。

投稿: Nao | 2014年10月29日 (水) 09時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1098255/57819535

この記事へのトラックバック一覧です: 湯浜温泉から千年クロベへ その3:

« 湯浜温泉から千年クロベへ その2 | トップページ | 栗駒山初雪 »